カテゴリ:KAKU'S SELECT( 8 )

冬が来る前に

e0159392_14282295.jpg


















本格的な冬が来る前に、サフィールでせっせと革ジャンのお手入れです。
革っていうのは愛着を持ってメンテナンスしてやることが肝要。
信州ではダウンや化繊のインシュレーションじゃないと太刀打ちできませんでしたが
こちらでは活躍してくれそうです(あくまでもワタクシ的にですハイ)

となると、A-2ジャケットも欲しい!ってなっちゃうなぁ。




VALOKAKU🎣

[PR]
by cafevalo | 2018-11-27 14:44 | KAKU'S SELECT | Trackback | Comments(0)
以前何かの本で読んだのですが
30年以上デザインや機能性を大きく変えることなく
今もなお人々に愛され続けるアイテムを、ロングセラーとかロングデザインと言うらしいのです。

ここで大好きな腕時計の話になりますが、僕は腕時計と言えばアナログの三針派です。
現在時刻を数字で捉えず、二本の針が織りなす形(映像)で認識し、
秒針は〈時を刻んでいるという躍動〉を視覚化するために必要だと思っています。

僕の場合「今、何時?」って尋ねられると、○○時○○分位って答えてしまうことが多い。
ただ実社会に身を置いていれば、正確な時刻が必要な場合もあるので
機械式だけでなくすこぶる精度を誇るクオーツ時計を持っていますが、それももちろんアナログです。
因みに、電波時計はスマホに加えて更に電波を受けたくないから選んでいません。
そもそもメカニカル的に精度を達成してないものには、あまり興味はないですね。

ただこの腕時計だけは、デジタルもデジタル、どデジタルなのです。

何故か?

それはこのシリーズの初号機が誕生して今年で31年。
正にロングセラー&ロングライフデザイン、今なお人々に愛され続ける名機と言えるからです。
世にスピードモデルと称されるこのモデル、すべてのG-SHOCKの歴史はここから始まりました。
(厳密には5000C-1AがG-SHOCKの初号機、但しスピードモデルと言えるのは5600番です)

e0159392_18323582.jpg



















CASIO DW-5600E-1V

そうです、G-SHOCKスクエアデザインの王道モデルです。
僕のは復刻モデルの海外仕様になります。
初期型は1987年に誕生した5600C-1Vでして、スクリューバックでバックライトが豆球
映画「スピード」でキアヌ・リーブスが私物の5600Cをはめて大ブームになりましたね。
5600Eは1996年に誕生したパネルバックのELバックライト仕様になります。

やはりこれだけは外せないなぁ、しかもキアヌ・リーブス結構好きだしね。
一応彼が主演の大ヒットアクション映画「ジョン・ウィック」のシリーズ最新作
「ジョン・ウィック3」が2019年5月に本国公開されるので、その記念という事でご理解くださいませ。

あっ!その前にジョン・ウィック2借りてこなきゃ汗




VALOKAKU🎣

[PR]
by cafevalo | 2018-11-04 18:49 | KAKU'S SELECT | Trackback | Comments(0)
20世紀最大のモビリティ発明であるガソリン自動車。
その生みの親でもあるゴッドリープ・ダイムラーが興したダイムラー社。
その商標でもあるエンブレム(スリー・ポインテッド・スター)は、誰もが知るメルセデス・ベンツのエンブレムです。
そしてそれは、彼が最愛の妻に送った絵葉書に描き記した三本の光芒を放つ星がルーツとされています。
その三つの尖りには、これから彼ら技術者達が生み出すであろう技術(モビリティ)が
陸・海・空すべての場所で価値ある働きをするようにという願いが込められていたといいます。

さて、そんなストーリーをちょっと小耳に挟んだところで本題です。
先日、嬉しいニュースが飛び込んできました。

あのスイスの名門ROLEX社のディフュージョンブランドであるTUDOR社が
来る10月31日より日本において正規販売を開始するというのです。
今までは並行輸入により販売はされており、手に入らない腕時計ではありませんでしたが。

何を隠そう、ワタクシTUDOR好きなんですよね。
因みにTUDORはいままで「チュードル」って発音されていましたが
これを機に「チューダー」で世界統一するとのことです。
そもそもこのブランドは、ROLEX本社のあったイギリスにおいて
マーケットの拡大を狙い立ち上げたブランド。
ゆえに、イギリス国民であれば誰もが知るチューダー家の名を冠してスタートしているので
むしろこちらが正統と言えるのです。

実を言うとワタクシ、大好きな腕時計に関して少々拘りが…。
それは時計も陸・海・空すべての場所で活躍し、ストーリーがあるモデルに心動かされるのです。

すでに陸と海に関しては問題なくおさまっているのですが、問題は残る空のパートなのです。
空を宇宙(そら)と見なせば、モデルはコレしかありません。
壮大なストーリーと共にあり、あのウルトラマンやウルトラセブンにも出演経験ありの逸品です。
という事でワタクシ的には決着していたのですが、この度のニュースで新たな問題が浮上することに。
それは、このモデルの登場によるのです。


TUDOR BLACK BAY GMT

GMT(グリニッジ標準時)時計とは24時間針がある時計の事。
予めGMT針を現地時間に合わせておけば、パイロットや海外出張の多いビジネスマンにとって
現地時間を即座に知るのに役立ちます。
しかし、今となっては世界時間がスマホでポンッ!
いまや雰囲気を味わうための機能という事になってしまいましたが…

しかし、このモデル結構イイですよ。

本家ROLEXのGMTマスターは最近ジュビリーで、何かコテコテしてて閉口してしまいます。
ワタクシ的には、あの〈太陽にほえろ〉で石原ボス裕次郎がはめてた頃のGMTマスターがお気に入り。
色鮮やかなブルーとレッドのペプシカラーモデルは今やヴィンテージ扱いでかなり高額です。
このブラックベイGMTはブルーが若干ネイビー寄りのカラーですが、ベゼルのフォントも良いし
風防もサファイアクリスタルのドーム風防、200ⅿ防水でクロノメーター認証ときています。
短針は伝統のイカ針、竜頭ヘッドにはかつてのブランドマークであるデカバラのレリーフが!
因みにバラのマークはチューダー家の紋章をモチーフにしています。
そこには、当家創世の歴史〈薔薇戦争〉を戦ったランカスター家の赤薔薇とヨーク家の白薔薇が…。

いっ、いかん、興奮してきた。
最近BBC制作のテレビ映画で、ウィリアム・シェイクスピアの史劇〈ホロウ・クラウン/嘆きの王冠を観ちゃってるのでつい汗フゥ~。

とにかく、一度腕にはめてみないことには腕時計ばかりはわかりませんが
現時点でネガは何?と問われれば、自社ムーブの耐久信頼性とケース径41㎜ですね。
まあビッグケースは今の時代の流れだから致し方なしとは言え、せめて40㎜位で抑えてくれたらなぁ。
そもそも日本人の体格だと大きな時計はちょっと…だし、他のモノにヒットすることが多くなるからね。

最後にキモのプライスですが、これまたなかなか現実的で良いのです。
最近、いわゆる名門の腕時計達の値上がりが尋常じゃないからなぁ。

やはり実用高級時計ってのはこのくらいのプライスでないといけませんハイ。

あ~楽しみだなぁ、チクタクチクタク♪




VALOKAKU💺

[PR]
by cafevalo | 2018-10-13 19:39 | KAKU'S SELECT | Trackback | Comments(0)

あと、1台

e0159392_14321480.jpg














1962 Ferrari 250GTO&1987 Ferrari F40

共にイタリアのブラーゴ社のメタルモデルカーです。
GTOは納車ホヤホヤですが、F40はそれこそ日本導入の87年か翌88年に予約までして手に入れました。
たしか下北沢のモデルカー専門店だったかなぁ。
30年近く経過していますが、焼けてピンク色になっていないのは
不肖ワタクシが手入れをしっかりしているからだと自画自賛であります。

GTOと言えば、2013年のカリフォルニアのオークションで、自動車としては
過去最高額のハンマープライス(約53億円)で落札されたのは記憶に新しいですね。
GTOとはグラン・ツーリスモ・オモロガートの頭文字。
GT選手権用のホモロゲーションを取得するため生まれたいわばレーシングカーです。

F40はフェラーリ社創業40周年を記念して造られたモンスター
エンツォ・フェラーリが指揮した最後のフェラーリでもあります。
僕的にはサイド&リアビューの美しさは現在でもフェラーリ随一!
ピニン・ファリーナの秀逸なるパッケージングデザインに唸ってしまいます。
その美しさとはうらはらに、ひとたびエンジンに火が入ると、当時フェラーリのF1ドライバーである
ゲルハルト・ベルガーをして「雨の日はガレージから出すな」と言わしめた
どっかんターボのじゃじゃ馬です。

数あるフェラーリのマシンの中で僕は、やはりこの3台がお気に入りです。
えっ⁉、2台しか写ってないじゃん。

そ~なんです、あと1台足りないんです、288GTOが…。
1/43スケールのちっちゃいモデルは持ってるんだけど、1/18とは言いませんがせめて1/24くらいのが欲しいなぁ。

現在フェラーリの版権はアメリカのマテル社(ホットウィールね)が持っているので
ブラーゴ社のモデルは何処かで出会うしかないのです。

まっ、250GTOもそうであったように、出会いは突然にやって来ますからね。
気長に待つことと致しましょう。




VALOKAKU🎣

[PR]
by cafevalo | 2018-10-05 15:31 | KAKU'S SELECT | Trackback | Comments(0)

大きな樫の木の下で

今夏、40℃を軽く超える猛暑でその名を馳せた中部地方も
ここのところの朝晩の冷え込みは、さすがに秋の気配を感じさせます。

と言っても昼間はまだ29℃くらいあるんだけどねトホホ。

吹く風が涼しくなってきたところで、ひょっとしたら今年はイケるかも!って
内心ニンマリしているアイテムがありまして…。

それは、ブルージーンズです。
ん~やっぱりデニムはイイねぇ、ワタクシ大好物です。
若いころに比べたら少ないけれど、ジャケットを含めお気に入りを何点か持っています。

信州にいた頃は秋が来たなぁって思ってるといきなり寒くなって
デニムなど生地自体が冷えるのでもってのほか、速やかに化繊の暖パンで武装しておりました。
内陸部の寒さっていうのは「寒さの質」が全く違いますホント。
まあ、お洒落をするってのはそもそも忍耐を要求される行為なのですが
ワタクシ、寄る年波には決して抗わない、老いては老いに従え主義ですので(沈)

そんな訳ですが?もうすでにジーンズをガンガン穿いております。

ひょっとしたら真冬でもアンダー穿かずに乗り越えられそうな気がします。
やっぱりこっちは暖かいんだなぁ。

これからはジーンズの出番が多くなりそうなので、ストック補充をするべく
デニムハンターとなり原野という名の街に繰り出しました。
するとどうでしょう!大きな大きな樫の木の下で
それは見事なムースの雄が、ゆっくりと草を食んでいるではありませんか
圧倒的な存在感と美しい毛並みに見とれることしばし。
しかし、迷うことなくトリガーを引き、ムースは我が手中に。

e0159392_13422167.jpg




















その見事な一本はこちら
Levi's 501  MADE IN THE USA   WHITE OAK CONE DENIM

125年の歴史をもちながら2017年をもって閉鎖となったコーンデニム社(旧コーンミルズ社)の
ノースカロライナ州グリーンズボロにあるホワイトオーク工場。
コーンミルズ社の時代、リーバイスのXXデニムはもちろんここで織られていました。
旧式のシャトル織機で時間をかけて織られるセルビッジデニムは〈ホワイトオークデニム〉と呼ばれ
高品質デニムの証であり、デニムのハイブランドとなったのです。

e0159392_13422905.jpg















今回手に入れた一本は、工場閉鎖前に織られた最後の501
最後のホワイトオークデニムでありかつ最後のALL MADE IN THE USAの501なのです。
ひょっとしたら歴史に名を刻む一本となるかもしれません。

ジャパンメイドも含めセルビッジデニムは何本か持っていますが
やはりホワイトオークデニムは生地感がたまりません。
柔よく剛を制すって感じ、しなやかで堅牢なのです。

ん~実にいい買い物をしました。
色落ちを楽しみながら、愛着をもって大切に穿いていきたいと思います。

因みにホワイトオーク工場の名前の由来ですが
敷地内に樹齢200年のホワイトオークの巨木があったからだそうです。

あっ!そこにはムースはいませんよ、念のため。




VALOKAKU💺

[PR]
by cafevalo | 2018-09-28 14:53 | KAKU'S SELECT | Trackback | Comments(0)
拙ブログ内で、僕が思い入れのあるモノ達にまつわるストーリーを
拙い文章で綴るカテゴリー〈モノ物語り〉、最近ちょっぴり滞り気味なのが心苦しいですが…。
それ程多くないブログの全アクセスの中で、この記事だけはコンスタントにアクセスがある安定株。


やっぱり今、旬だからなぁ。
山ガールから始まって登山・アウトドアの大ブーム再来だもんね。
釣り・ハンティング・車なんかも取り込んで大きなうねりとなっております。
若者が集う各種夏フェスと夏キャンを上手く絡め、複合的にスタイル提案したのが奏功したのでしょう。

まっ、EXアウトドアズマンのワタクシと致しましては、前回のようにブームで終わることなく
北欧文化のように、《定着》してくれることを切望致しまする。

やっぱり野営って楽しいからね♪

さて、そんな状況も鑑みるに?オジサンだからと言って
いつまでも古いものばかりに固執しているわけにはまいりませぬ。
グランテトラ、マルキルはマスターピースとしてこの度殿堂入りさせました。
(そうは言っても、いつでも出入り可能ですけどね)
そして、クールでタフなステンレスビューティーを只今愛用しています。

Klean Kanteen ワイドボトル 27oz & ワイドインシュレートボトル 20oz

e0159392_17242808.jpg


















一つはカフェキャップにしてコーヒーにも対応できるようにしています。
クリーンカンティーン社はウォーターボトルにBPAフリーを取り入れたパイオニア
さらに社会・環境に配慮した事業活動を行っている良心的なメーカーなのです。

ーああ、パパよ!われらの時代は彼らの時代に変わったのでしょうか?

否、彼らの時代の礎は、われらの時代にあるのですハイ。




VALOKAKU🎣 

[PR]
by cafevalo | 2018-09-20 18:16 | KAKU'S SELECT | Trackback | Comments(0)
信州も暑くなりました。
長雨も手伝って、特に今年は湿度が高い気がします。
部屋の湿度計では、只今気温29.6℃ 湿度63%。

やれやれ。

こうなったらコイツに出っ張ってもらうしかないですね。

e0159392_08193494.jpg




























そうハワイアンシャツ。
ボクにとっては夏の定番ワードローブです。

レーヨン素材のシャツは、生地自体がサラッと冷んやりしているので
ベタツクこの季節にはピッタリ!
さらに、美しいドレープを描きながら、清々しい風を服の中に取り込みます。
それはもう、着るエアコンディショナー‼
さすがHawaiiの気候風土が生んだアパレルですね(そうは言ってもルーツは移民の日本人なのですが)

最近気になっているハワイアンブランドの一つ〈TWO PALMS〉に
探していた好みの柄行があったので、今期の一枚として購入しちゃいました。

淡いサックスブルーの生地に、TUBE ROSE(月下香)とハイビスカスのオールオーバーパターン
ビビットな色使いで、バーンッってくるハワイアンシャツが多い中
この柄行は、ちょっぴりエレガンスを醸し出しているんじゃないかなぁってボクは思うのですが…。

Don't you think so?




VALOKAKU

[PR]
by cafevalo | 2018-07-14 08:28 | KAKU'S SELECT | Trackback | Comments(0)

梅雨空にプラチナ

夏に向かう季節なのにどうして?

寄る年波
必要な時もあるのです。

例えば釣りでしょ、あと釣りとか、あとそうだなぁ、釣り117.png

世界数十ヶ国で愛用されるワールドスタンダード〈ハクキンカイロ〉

e0159392_19194252.jpg














サイズはもちろん、愛しのベイビーです。




VALOKAKU

[PR]
by cafevalo | 2018-06-08 19:21 | KAKU'S SELECT | Trackback | Comments(2)

VALOKAKUの日々諸事あれこれ


by valokaku
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31