人気ブログランキング |

R.I.P. Eddie Van Halen.

【追悼】

車の中で聴く時には必ず爆音にしてしまう。

Ice Cream Man

ヴァン・ヘイレンの衝撃的な1stアルバム「炎の導火線」に収録されているこの楽曲
もともとはブルースの曲をエディーがカヴァーアレンジしたものです。

ヴァンヘイレンの楽曲はどれもこれも彼の超絶ギターテク(もちろんライトハンド奏法だけでは語りつくせません!)が冴えわたるカッコイイ曲が数多あるのですが、僕はこの曲結構好きでして…要はアレンジの妙なのです。

デイヴ・リー・ロスが爪弾くイイ感じのアコギからスタート、彼の声質はこのブルースにドンピシャです。
そして途中から爆撃のようにエディーのギターがガッ、ガッ、ギューンと…。

ーん~たまんない、やっぱ爆音が相応しい。

病魔と闘っていたことは知っていましたが、突然の訃報に言葉もありません。
高校時代に出会い、2020年の今夏も爆音にして車で流してたのに…。
 
我らがギターヒーロー Edward"Eddie"Van Halen

そのうち天国でもライヴのオファーが来るでしょうから、それまでは暫しギターを置き、静かにそして安らかに眠ってください。

Love Forever! Eddie.







# by cafevalo | 2020-10-13 21:35 | 雨の日の釣師 | Trackback | Comments(0)

芸術の秋を待ちわびて

今年は、春の訪れを歓喜する事を阻む地球規模のはやり病が我が国にも席巻し
人々の生活スタイルや物事の価値観が一変しました。
少し落ち着きが出てきたと安堵する心は、列島を縦断した大自然の驚異に打ちひしがれ
8月に入るや否やお決まりの猛暑が…。

とまぁ、こんな書き出しだと気が滅入ってしまうかもしれませんが、こればかりは仕方ありませんね。

色々な情報に一喜一憂せず、衣食住を規則正しく「今」を大切にしっかりと生き
心の底からワクワクするような事を思いっきり楽しみましょう。
そうすれば免疫力もアップしてナチュラルシールドに守られた強い生命体になれるのかもしれません。

ワタクシもサツキマスのメインシーズンであった4、5月はなんちゃら宣言によって自粛。
(こんな時に見事な一匹を掌中にしても諸手を上げて喜べませんしね)

晴れて宣言解除を待ち、梅雨時の増水後のタイミングで遠征!とタックル・装備も完璧に整え
鼻息を荒くして意気込んでおりました。
がっ!7月、たび重なる豪雨にその鼻っ柱を見事にへし折られたのでした号泣。

やれやれとほほ、どうしたものか、と弱り果てていたところ…。

ーそうだ絵があるじゃないか!

そ~なんです、ワタクシには絵画制作というワクワクすることがもう一つあったのでした。
何かが降りてきた時?というのは、もう潜在的なものに突き動かされるのだと思います。
結構なペースで日々制作に没頭していました。

さて、前置きが非常に長くなりまして申し訳ございませぬ。

ワタクシ、もともと趣味として「自由な書」を楽しんでおりましたが
カフェの一時休業に伴い絵画制作が趣味であるカミサンと〈art unit mikka〉というユニットを結成し彼女の絵画とワタクシの書の作品を発表・販売する活動を今年になってスタートさせました。

以前から何となく「絵を描きたい」という思いはあった為、これを機会にという彼女の薦めもありアクリル抽象画を描き始めたのでした。
それが今では書よりも絵画制作に傾注するように…。
これだから人間(特に自分自身)って不可解で、しかもオモシロイのだと思います笑


まずはワタクシの作品《2020 untitled01》
ポストカードサイズ アクリル

芸術の秋を待ちわびて_e0159392_16462058.jpg


























この他にも指だけで直接描いたフィンガーペインティングの作品などもあります。


続いてカミサンの作品《小さな宝石 pink》
ポストカードサイズ 水彩・ペン

芸術の秋を待ちわびて_e0159392_16474090.jpg


























水彩下地に点描を交えたペン画で、精細なタッチが魅力のファンタジックな抽象画です。
他にもキャンバスに描いたアクリル抽象画もあります。


実は去る4月に地元で小さな個展を開催予定でしたが、コロナの影響で断念せざるを得なくなりました。

今後も先行きが些か不透明な状況である事も鑑み、オンライン個展のような雰囲気でWEBショップを拙ブログにて紹介させて頂きました。
これからも、不定期ながら原画作品をアップしていきますので、ご興味ある方は以下のサイトにて閲覧頂ければと思います。
暇つぶしにちょっと覗いて頂けるとカミサン共々とても嬉しいです。


よろしくお願いします!




etoturikaku🎣



# by cafevalo | 2020-08-24 17:54 | 美術探訪 | Trackback | Comments(0)

募る想い

去る4月16日に発表!と言われていたのですが、状況が状況なのでこればかりは致し方ありません。
工場も操業停止状態でしょうし…。

そう、スイフト及びスイフトスポーツのマイナーチェンジです。

まあスイスポに関しては運転支援システムを追加し、エクステ&インテの些かのデザイン変更と
カラーバリエ追加、不評だったホイール変更って事らしいです。
マイナーチェンジと言うよりは見直しって感じですね。
それでも、購入って事になれば変更後を見てからって考えるのは至極当然の事
気にならない筈はありません。

「フロントマスクが現行よりも精悍になる」

なぁんて言われていますが、実はそこがちょっぴり心配。
昭和のオヤジが考える〈精悍〉と〈今の精悍〉の間の隔たりが如何ほどのものなのか?
どうしても受け入れられない場合は、現行モデルの程度の良い中古を探さないといけませぬ。

まっ、こんな感じのフロントマスクなら、速攻Good job165.pngあげられるんだけどぉ。


さて、スイスポに関しては最早ワタクシ的な振る舞いは決定しているので良いのですが
最近オートバイ部門から何やら不穏な動きが…って他人事っぽいですが極めてワタクシ事ですハイ

実は最近、ホンダのグロム125ccが気になっております(巷でも大人気なのですコイツ)
中古で買って軽~くイジルのも面白いかなぁなんて思ってもみたり…。
昔からホンダのモンキーやゴリラ・ダックスその後エイプに受け継がれてきたオチビバイクのカスタムは
直近は現行グロムがその役を担っております。
そもそも125(ワンツーファイブ)は絶対的なパワーこそありませんが、税制・保険(自動車保険のファミリーバイク特約)などの諸費用面でも負担が軽く、道交法上もっとも実利的なパワーユースが出来る排気量なので乗っててフラストレーションが溜まりにくいのです。

「ポコポコ&そこそこスパッと」で走れる愛い奴に興味津々。
実際、大型からグロムに乗り換えちゃったライダーもいるようですぞ。

グロム、イイなぁ~。

まぁ、傍で聞いてりゃあ好き勝手ほざいておりますが、何せSTAY HOMEなので
家でおとなしく自分の趣味嗜好の関連動画をユーチュー視聴していると
ドキドキ・ワクワクが怒涛の如く押し寄せてきて楽しいことこの上なし。
コレね、免疫力アップにかなり貢献していると思いますよ。


ん~でも、やっぱ釣りが一番かな🎣





◎KAKU








# by cafevalo | 2020-04-22 14:17 | 雨の日の釣師 | Trackback | Comments(0)
里山に桜色と若芽色のコントラストが美しい卯月吉日、遂に我がウエダの名竿サーフェイストゥイッチャーSTS–68Siが実釣を勇退し殿堂入りとなりました。

‘12シーズンから昨シーズンまでの8年間、数多の魚達とドラマを繰り広げ、60モンスターとの壮絶な闘いにも勝利した歴戦の勇者。
ワタクシ的にはロッドオブフェイムにその名を刻んであげたい気持ちで一杯です。

殿堂入りを果たしたとは言え、勇退後も時々御隠居的にのんびり釣行に連れ出すつもりでいたのですが…。

昨シーズンの長良川釣行でそれは起こりました。

ちょうどショートキャストで小場所を攻めていた時の事。
ミスキャストをしてしまいルアーは速いスピードで対岸の複雑地形の岩稜帯目指して飛んでいきます。激突すればルアーの損傷のみならず岩の隙間に入れば回収もままならない状況で着弾寸前に必死のサミングが成功、ティップをあおり回収態勢に入ったその刹那、ルアーは物凄い勢いで釣り師めがけてリターンしたのでした😳

ー避け切れない、激突かっ!

寄る年波、反射神経にも陰りが…。

そっその時、それは正に荒野の1ドル銀貨、はたまた兵士の胸のzippoライター‼️

豪速で戻って来る7gのシンキングミノーを、何とSTSのバットガイドのスレッド部分が受け止め、ワタクシを直撃から守ってくれたのでした。
位置的にはちょうど目線くらい、もし直撃していたら…ゾッとします。

ーありがとう、STS

最後にその身を呈して釣り師を守ってくれた名竿、スレッド上とは言えバット部分にピンポイントでインパクトを受けた竿は一発大物と対峙させる訳にはいきません。礼節を尊びこのままゆっくり休んでもらうのが何よりの恩返しです。

STSには最後の最後まで助けられました。
本当にありがとう、そして8年間お疲れさまでした。

さて、そんな武勇で名を馳せたSTSを引き継ぐ名刀は?と言いますと。

解散したウエダのロッドデザイナー西村雅弘氏が立ち上げたM&Nコーポレーションのロッド トゥイッチンスペチアーレTS–611 MN–HTZです!


このロッドはSTSの正当な後継者と言えるモデル、STSよりも若干張りのあるブランクスはワタクシ的には好みで、シンキングミノーの操作性もSTSより向上しています。77gのライトウェイトと相まって手返しの良いアップテンポな釣りに威力を発揮すること必至でしょう。

そ〜なんです、このロッドにゴールデンタイガーであるシマノ ヴァンキッシュ2500XGSをセットすれば、瀬撃ちランガンを多用するであろう現状の梓川にはもってこいの、正に梓川スペシャルな一刀となるのです。

スーパーパルサーの時代からウエダのロッドに絶大な信頼を寄せているワタクシ、何とカミさんのレコードフィッシュ57cmの梓川レインボーは5ftのスーパーパルサーで獲ったのです。
それ以来、一層信頼度がアップしたのは言うまでもありません。

いよいよ今期、満を持してゴールデンタイガーと聖剣エクスカリバーを手に川に立ちます。

モンスター、恐るに足らず。
いざ、鎌倉ならぬ、いざ、梓川。

「入りエクスカリバーに出エブリィ」

梓水の鱒族の方々、くれぐれも用心怠りなく😊

ゴールデンタイガーと聖剣エクスカリバー_e0159392_10133595.jpg





◎KAKU🎣






# by cafevalo | 2020-04-11 18:55 | RIVER WIND | Trackback | Comments(0)

龍虎相見える

ひと雨毎に春、ですね。

三寒四温を繰り返し春はやってき鱒が、釣り師の心はもうすでに深淵より浅瀬に浮かれて上がって来ており鱒。

鱒の鰭 動きて梓の 水温む

と、中沢三省の一句を捩ってご満悦😌
芽吹きの緑鮮やかな川に、揺れる想いならぬ「釣れる想い」を馳せている次第です。

そんな浮かれポンチな釣り師とは裏腹に、豪傑な彼らは黙ってはいられません😤
龍虎相見える_e0159392_16235656.jpg

向かって左、長良川サツキマス用のシルバードラゴンことダイワ’19セルテート。対する右、梓川モンスタースペシャルのゴールデンタイガーはシマノ’16ヴァンキッシュ。

まさに龍虎相見えるの図。

これ迄スパルタンが売りだったセルテが、ネガだったウェイトを削ぎ落とし生まれ変わった’19モデル。モノコックボディが生み出す歪み無き堅牢さは、長良の押しの強い流れの中で遊泳力の高い遡上ファイターとの一騎討ちに好適です。ロッドセットしたところ、ドライウェイト205gはテンリュウのナナハンクラスのロッドとグッドバランス👍
本流中流域で40〜50cmクラスをターゲットに、流れを意識したスロージャークなスタイルに良さそうです。

対するゴールデンタイガーはM&Nのトゥイッチンスペティアーレの6’11’’と組み合わせ超ライトウェイトの梓川モンスタースペシャルを構築し鱒。
マイクロモデュールのハイギアが生み出す高感度は、ロッド感度と相乗しセンシティブなモンスターのショートバイトをも確実に伝え鱒。さらに堅牢なハガネボディのシャシー剛性は、ボロンコンポジットのブランクスの粘り・バットパワーと相まって、トルクフルなモンスターのファイトをいなし、決してイニシアティブを取らせません。
増水時の大場所での遠掛けやガンガン瀬流芯ド真ん中でもない限り、60モンスターと対峙してもまず大丈夫でしょう👊

昨シーズンまで本差しで使っていたウエダのSTS68よりも張りのあるブランクスと、+3インチのレングスで飛距離と操作性は格段にアップする筈です。
ドライウェイト175gはロッドウェイト77gと合わせても驚異の252g!バツグンの軽量バランスで脇差しの様にふりまわせ鱒!
コレね、まさに「軽さはチカラ」なんですよ🤔(老体にとってもね)

それほど川幅の無い梓川中流域は遠投の必要性はあまり無く、むしろ近年は出水のたびに水深が浅くなり、河川工事の影響も大きく、川相が直線的な瀬の連続となって来てい鱒。ゆえにポイントを移動しながらの瀬撃ちランガンスタイルを行使する事が多く、手返しよく探るにはタックルのライトウェイトは肝となるのです。

両雄共に番手は2500、ギアはハイギアですが、それぞれの特徴を活かしたセッティングが出せたような気がしてい鱒。

ん〜コリャ今年の川は熱くなりそうな予感ムムムゥ〜。

あっ!黙っていられなかったのはどちらかと言うと釣り師の方でしたね🤭

そりゃそ〜だ😑




◎VALOKAKU🎣


# by cafevalo | 2020-03-10 12:34 | RIVER WIND | Trackback | Comments(0)

etoturi kakuの日々諸事あれこれ


by kaku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31