図書館

自宅から歩いてすぐに図書館があります。
ウォーキング途中に、ほぼ日課の様に立ち寄ります。
e0159392_11422773.jpg

図書館の印が本の底に押してあるのが好きです。
[PR]
# by CAFEVALO | 2009-07-02 11:50 | あれこれ | Trackback | Comments(0)

ABUのリール

森と湖の国スウェーデンのABU社のリールです。
私の好きな作家、開高 健も愛用していました。

         社名は「株式会社 時計製造工場」という意味の
         ktie olaget rfabrikenの頭文字をとったものです。
         懐中時計~タクシーメーターそして2代目の趣味であった釣りより
         リール製造へと発展してきました。
e0159392_218562.jpg

         実釣では日本のS社のリールを使いますが
         時に遥か北欧の名機をセットすると、我が心は
         緑深き針葉樹の森を縫って流れる大河へと誘われるような気がします。
[PR]
# by CAFEVALO | 2009-06-30 21:50 | VALO'S SELECT | Trackback | Comments(2)

新鮮バリッボリッ!

        友人から、家庭菜園でとれた野菜を頂きました。               
        みずみずしく色鮮やかなそれらは、大地のパワーそのもの!
e0159392_19345872.jpg

        旬菜の初物でしたので、東を向いて笑いながらバリボリ食べました。
[PR]
# by CAFEVALO | 2009-06-29 19:46 | あれこれ | Trackback | Comments(0)

朴葉巻

         木曽名物 朴葉巻です。
         柏の葉のかわりに用いられたようです。 
e0159392_19532954.jpg

         枝ごと切り取った葉にお餅がくるんであり、房になっています。
         もぎ取って1個ずつ買えますが、珍しいのでお土産には房で
         買い求めました。

         いい香りの向こうに、自然の恵みの素晴らしさと
         人の叡智を感じました。
       
[PR]
# by CAFEVALO | 2009-06-26 20:34 | あれこれ | Trackback | Comments(4)

梅雨穴子

     帰省すると食べに行くお寿司屋さんの穴子の握りです。
     大ぶりの煮穴子を軽く炙ってタレをのせています。
e0159392_21492423.jpg

     昔は白焼きに煮詰めたタレが刷毛塗りしてあり、香ばしく程よく脂が残って
     オツな味でしたが、いつの頃からか今のスタイルになっていました。
     時々以前の味が懐かしく感じられます。
       
[PR]
# by CAFEVALO | 2009-06-24 22:04 | あれこれ | Trackback | Comments(0)

  信州は松本市梓川    CAFEVALO     日々諸事あれこれ


by cafevalo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31