<   2014年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Which one would you like,

     RITZ or ENTRY?
e0159392_23103384.jpg

     ENTRY please.

     僕はエントリーを選びますね。
     赤が効いてます^^
[PR]
by cafevalo | 2014-07-31 23:18 | VALO'S SELECT | Trackback | Comments(0)

2014年8月のお休み

6日、7日、14日、20日、21日、28日です。
よろしくお願い致します。

今夏は時々猛暑の日もあったりしますが
朝晩は涼風が渡り、信州の夏を感じる日も少なくありません。

コーヒーでホッと一息したい夕暮れ時に、店内BGMで流すこのアルバム
パット・メセニーの「One Quiet Night」から同タイトル曲を。



バリトン・ギターのピュアアコースティックサウンドが、心の襞に沁みわたり
ざわついた気持ちがスーッと消えていくよう・・・。

お気に入りの一枚です。
[PR]
by cafevalo | 2014-07-31 08:22 | 8月のお休み | Trackback | Comments(0)

夜空の舞踏会

e0159392_2212585.jpg

     今日はとても暑い一日でした。
     それもあってか、夜空の舞踏会は、紳士・淑女の方々でたいへん賑やか。
     ワルツ・タンゴにチャチャチャのチャ、サンバ・ルンバにパソドブレと^^

     皆様、華麗なステップお見事でしたパチパチ!
[PR]
by cafevalo | 2014-07-25 22:36 | LANDSCAPE | Trackback | Comments(0)
e0159392_751883.jpg

          是非ご賞味くださいませ。
[PR]
by cafevalo | 2014-07-25 07:52 | VALO弁当 | Trackback | Comments(0)

夏の風物詩

          御菓子司 開運堂謹製
          信州・まつもと 大歌舞伎限定
          黒衣(くろご)どら焼きと隈取まんじゅうです。

          「ハイ、暑中お見舞い!」とお客様から頂戴いたしました。

          どら焼きは炭入りの黒い皮にずんだ餡の緑。
          まんじゅうは皮と餡の色違いで隈取をイメージしています。
e0159392_23294535.jpg

          この大歌舞伎、松本の夏の風物詩として
          すっかり定着しましたね。

          早速おやつに美味しくいただきました。
          ごちそうさまでした。

          いやはや、花より団子でお恥ずかしいですが・・・。
[PR]
by cafevalo | 2014-07-21 23:51 | あれこれ | Trackback | Comments(0)
          カウンターの端に目をやるとそこには
          微笑みながら軽く会釈をする、素敵な女性が・・・。
          じゃなくて。
          いつもカウンターで僕の前くらいに座るKSK君。
          彼に頂きました。
e0159392_2231869.jpg

          これ、塩尻の志学館高校で造られた「桔梗ブランディー」
          ワインは知ってたけど、ブランディーがあったとは!!
          何でも製造数が少ないのでちょっぴりレアなのだそう。
          味がとても気になるけど、全体の雰囲気が
          何ともレトロスペクティブで、しばらく未開封のまま飾っておきたい
          そんな気にさせるブランディーなのでした。

          KSK君、逸品をありがとうペコリ
[PR]
by cafevalo | 2014-07-17 23:41 | あれこれ | Trackback | Comments(0)
     VALO店内には三つの壁面があります。
     ご存知、最も長いスパンの西面は、オープン以来セレクトポスターが掛けられ
     SEIKO STANDARDのウォールクロックが静かに時を刻んでいます。

     濃紺の塗壁の南面は、空間を引き締め、更に外へとつながる印象を与え
     奥行きと広がりをイメージさせます。

     そして残るは、幅2000mmの東面壁。

     「ここは何も飾らない方がいい」
     ずっとそう考えていました。

     何も無い白い壁は、シンプルで美しく
     対面のポスターを受ける形で、それは完全でした。

     しかし今、ある作品がそこに展示してあります。

     この作品と出会い、それを展示する時が来ることを
     壁は知っていたのかもしれません。

e0159392_21125931.jpg

     「101号室」 2000年 野村 剛
     油彩の様に見えますが、実は樹脂粘土を使い描かれています。

     この作品、現在各方面で活躍されている氏の、最初期の作品。
     2001年 イラストレーション誌の、ザ・チョイス年度賞に入賞した4枚のうちの1枚。
     これを機に、粘土による絵画表現を自身のスタイルとして確立した
     まさに、彼の原点ともいえる珠玉の一枚なのです。
     
     とあるきっかけで、作品資料を拝見させて頂いた時
     この入賞作品に、強く引き付けられた私達夫婦。

     素敵な縁(えにし)が紡がれて、ここに展示の運びとなりました。

     そして、今後も不定期ではありますが
     これぞという一作品を、この東面壁に展示して参ります。
     只今、プロ・アマを問うことなく、積極オファーを敢行中!!

     題してCAFE VALOミュージアム「珠玉の一枚」!
     どうぞ皆様ご期待下さいませ一礼

     尚、展示及び会期はあくまでも気まぐれですので
     何卒ご了承下さいませませ^^


     【お知らせ】
     安曇野市穂高有明のミュージアムカフェ「BANANA MOON」にて
     野村剛 展 2000-2014が開催されます。
     会期 2014・10・23~11・25

     是非足をお運びくださいませ。
       
[PR]
by cafevalo | 2014-07-14 22:27 | 珠玉の一枚展 | Trackback | Comments(0)
e0159392_8142277.jpg

          是非ご賞味くださいませ。
[PR]
by cafevalo | 2014-07-12 08:15 | VALO弁当 | Trackback | Comments(0)

リネンワアルカ

          僕は汗っかきなので、夏のシャツはハワイアンかコレと決めています。
e0159392_22163478.jpg

          そうだな、理念と言えばLinenだ。

          お後がよろしいようで・・・。
[PR]
by cafevalo | 2014-07-11 22:27 | VALO'S SELECT | Trackback | Comments(0)

なぞなぞをひとつ。

          最初は4本足、次は2本足、そして3本足になるものな~んだ?

          これ、定番中の定番なぞなぞですよね。
          答えは、そう「人間」です。

          ハイハイの赤ちゃん~2足歩行~そしてベテラン、杖を使って3本足。
          となる訳ですが・・・。

          いまどきのベテランの皆様は、とても矍鑠となさってて
          そりゃあもう僕なんか、ぴゅーって吹き飛ばされそうな勢い。
          常連様にもプールでがっつり泳いできて、VALOでピザトー&コーヒー!
          なんてレディーの方々もいらっしゃいますハイ。

          スバラシイ!

          さて、そんなぴゅーな僕なのでこれが無いとコマリマス。
e0159392_22334617.jpg

          ジャーン!転ばぬ先の杖です。
          と言っても、コイツは釣り用のウェーディング・スタッフ。
          川や湖などで、ジャブジャブ入って立ちこむ時や徒渉する時に使います。
          僕が使ってるのは、最強のウェーディング・スタッフとして誉れ高い
          アメリカのfolstaf 社のもの。
          20代の頃にL・L・Beanのメールオーダー(懐かしぃ~)で購入
          いまだ第一線で活躍中なので、なるほど最強ということになりますね^^

          昔は、渓流がメインだったのであまり出番がなかったのですが
          梓川で釣りをするようになって、使う機会が増えました。
          本流や中流域の重厚な流れを相手にする時
          この3本目の足はとても頼もしい味方。
          身体を支えたり、濁った川底の状態を探ったりetc
          安全確保のためには、必携のアイテムなのです。

          カッコよくディープウェーディングをして
          BIG ONEと壮絶なバトル!といきたいところだけど
          最近は、杖を突き突き、根がかりルアーの回収
          ってパターンが増えてきたような気がします(沈)
[PR]
by cafevalo | 2014-07-09 23:47 | RIVER WIND | Trackback | Comments(0)

  信州は松本市梓川    CAFEVALO     日々諸事あれこれ


by cafevalo