<   2013年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

雨の6月が終わるので

雨の6月が終わるので、お気に入りのこの曲を・・・。

多くのシンガーがカヴァーしている名曲。
僕はベッド・ミドラーで知りました。

映像が美しい、ディーヴァ ノラ・ジョーンズのカヴァーでどうぞ。

I think It's going to rain today.

[PR]
by cafevalo | 2013-06-30 08:46 | 一淹一福 | Trackback | Comments(0)

思えばこの本が・・・

          思えばこの本が僕の「読書」原体験かもしれない。
          サウンドハンターシリーズ1 大森林の逃走 和田頴太 著 他3作
          朝日ソノラマ文庫 昭和51年初版
e0159392_2356956.jpg

          小学6年生の僕がハマッてしまった冒険小説。
          当時、この朝日ソノラマ文庫が、クラスの本好きの間で
          ちょっとしたブームになった時期があったのだ。
          おそらくターゲット層は中高生ではないだろうか。
          痛快な冒険・SF・推理・恋愛小説が網羅されていたと記憶している。

          他の何冊かは最近処分してしまい、さてこの4冊はどうしたものか・・・。
          思案の末、やはり捨てずに所有しておこうと決めた。
          考えてみればこのシリーズは僕が初めて読んだ文庫本。
          大袈裟に言えば「読書」と真摯に向き合った本達なのである。

          ストーリーはというと・・・
          主人公である矢島響は、高校生ながらセミプロのサウンドハンター
          録音のプロとして仕事を依頼され、様々なナチュラルサウンドを録るべく
          世界を飛びまわる。
          しかし、その先々で何らかの事件に巻き込まれてしまう。
          「録音」という仕事が災いしてしまうのだ。
          それでも、困難に立ち向かい自力でそれを乗り越え、解決しながら
          大人へと成長していく。
          そんな思春期の少年の冒険ストーリーである。
          特にオレゴンやアラスカを舞台にしていた1・2作は
          ウィルダネスの情景描写が多く、彼の地への憧れを増幅させた。

          ちょうどTEENへの階段に差しかかろうとしていた僕にとって
          男としてのヒロイズムや主人公の精神的な成長は
          どこか共感できる点があったのかもしれない。
          また、要所要所でスクイーズされる「異性」に対する彼の感情の起伏
          その描写などもしかりである。
          さらに、このシリーズの装画・挿絵の山野辺 進 画伯。
          彼の絵のタッチや構図、特に挿絵の鉛筆画らしき作品の
          緻密な線の躍動感に、心奪われてしまったのである。
          今回この記事をUPするにあたりちょっとググッてみたところ
          ご本人のHPに行きあたり・・・。
          やはり数々の書籍の装画や挿絵で活躍されたようで、納得した次第。
          また、HP内のギャラリーにあった絵画作品の中に
          なかなかイイ雰囲気のものがあったりして。

          ところでこのサウンドハンターシリーズ
          VOL 5 「豪華客船危機一髪」がシリーズ最終刊。
          手に入れるかどうか、それこそ只今思案中(笑)
          で、ちょっと検索かけてみたら・・・えっ!?まさかのプライス(大汗)

          コアな方々ってのがいるんだなぁ。正にニッチだねぇこりゃ^^
[PR]
by cafevalo | 2013-06-24 00:16 | VALO'S SELECT | Trackback | Comments(0)
e0159392_822440.jpg

          是非ご賞味くださいませ。
[PR]
by cafevalo | 2013-06-22 08:03 | VALO弁当 | Trackback | Comments(0)
水たまりに映る街の灯りを見ていたら

ふと、口ずさんでいました。

雨のステイション HI-FI SET

[PR]
by cafevalo | 2013-06-19 23:25 | 一淹一福 | Trackback | Comments(0)

遠く梅雨空を見ていたら

遠く梅雨空を見ていたら

ふと、聴きたくなりました。

to U
Bank Band with Salyu

[PR]
by cafevalo | 2013-06-18 09:18 | 一淹一福 | Trackback | Comments(2)

夏の限定!

e0159392_22424514.jpg

          バニラアイスクリーム♪
          是非ご賞味くださいませ!
[PR]
by cafevalo | 2013-06-17 22:48 | VALO弁当 | Trackback | Comments(0)

座右に

     またまた登場、AZRC(梓川リコークラブ)欧州担当執行役員のK君。
     先日、彼の蔵書の中に珠玉の一冊を発見致しました。
e0159392_2225172.jpg

     Nordic Modernism, Design&Crafts

     ちょっとお借りして読んでみましたが、なかなかのモノ。
     '07-'08に東京をはじめ4か所で開催された展覧会の図録なのでした。

     ムムッ、これは座右に置きたい一冊。資料的価値も含め手に入れなくては・・・。

     速攻検索!必死です(笑)
     で、古本ですが程度の良いのが見つかりました。

     ほっ^^
     K君、いつもGood Information ありがとうペコリ。
[PR]
by cafevalo | 2013-06-14 22:52 | VALO'S SELECT | Trackback | Comments(0)

わにるなぁ

          去る3月23日~31日にVALOで行われた写真展「周辺視野」
          この度、写真展に参加されたVALOKAKUさんの
          「周辺視野」公式フォトブックが出版されました。
e0159392_2244167.jpg

          展示したコラージュによる4枚のパネル写真。
          それを織りなす写真一枚一枚への
          彼の「想い」が綴られています。

          店内にて閲覧可能となっております。
          是非ご覧くださいませ。

          ん~わにるなぁ(汗)
[PR]
by cafevalo | 2013-06-10 22:55 | お知らせ | Trackback | Comments(2)
e0159392_7312715.jpg

          是非ご賞味くださいませ。
[PR]
by CAFEVALO | 2013-06-07 07:31 | VALO弁当 | Trackback | Comments(2)

  信州は松本市梓川    CAFEVALO     日々諸事あれこれ


by cafevalo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30