早瀬光る、雨上がりの梓水

今日はとても蒸し暑い日でした。
曇りがちではありましたが、にわかに晴れ間も出てきたりして・・・。
晴れ男ですから、まぁ仕方ないですけどね笑

暑さのせいではないのですが、一昨昨日からVALOのコールドテーブルの調子が今一つ
仕込みの合間に、メーカーさんに修理に来てもらいました。
素人には為す術がなくとも、プロにかかればチャチャチャのチャ。
その道に精通しているというのはホント素晴らしい!
暑い中ご苦労様でした。

そんなこんなで仕込みと懸案事項に片が付き、午後の一流しに。
っとなにやら雲行きが怪しくなって来ました。
日中の気温が高い日は、イブニングにノコノコ出掛けるのが定石
しかしそれは、にわか雨との闘いでもあります。

今日みたいな蒸し暑い日は雨雲の発達は必至。
既にグルリ東山は雲の中、美ケ原・山辺そして鉢伏、塩尻と
淡いグレーの雨のヴェールに包まれています。

店内で準備を始めたら、やはりポツッポツッって落ちてきました。
音は次第に大きくなり、ザアーーーーー//////ほぼ豪雨。
大粒の雨を見ながら、しばしウェイティングです。
程なくして、サッと雨は上がりました。

フフフ、これは吉兆かも。

上流部での降雨は、たとえ水量のアップが無くても
川に冷たい水が流入し、魚達の活性が上がるからです。

いそいそと身支度を整え、いつものポイントへ。
やはり水量は変わっていません。
しかし、何やら水がフレッシュな印象。
雨上がりの澄んだ空気と、雲の切れ間から射す夕日に
釣れる感はもうバリバリです。

キラキラと銀色に光る白泡立つ早瀬を、丁寧にトゥイッチをかけながら
テンポよく攻めていくと・・・。
今や梓川では千載一遇と言えるでしょう。
美しき夏のプリンセスに謁見と相成りました。
e0159392_23414935.jpg

早瀬光る、雨上がりの梓水  本流尺ヤマメ 30㎝

美しい~まさに価値ある一匹です。
「夏のヤマメは瀬を釣れ」の言葉どおり早瀬流芯ド真ん中でした。
その後も瀬を攻めながら行くと、15㎝くらいのオチビからちょっとお兄さんまで
ヤマメがポンポンと出てくれました。

ブラウンに駆逐されそうな勢いの、イワナ・ヤマメ君達の元気な姿を見ると
心がちょっぴりホッとします。

ヤマメが瀬のステージに踊り出てくると、梓川も夏真っ盛りって事ですからして
ったく梅雨ぅ~早く開けなさいよっ
プンッ。

※梅雨、明けてたんですねぇ。失礼いたしました。





CAFEVALO
[PR]
トラックバックURL : http://cafevalo.exblog.jp/tb/24559377
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cafevalo | 2016-07-29 00:04 | RIVER WIND | Trackback | Comments(0)

  信州は松本市梓川    CAFEVALO     日々諸事あれこれ


by cafevalo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31