It will be soon '15 season.

ここ2・3日、寒の戻りがあって、往生際の悪い冬将軍の態です。
まあ、最後のあがきでしょうね。
予報によると、明日以降はぐっと気温も上昇し
待望の春が、レッドカーペットの上を手を振りながらやってくる。
そんな日和が続きそうです。
さて、そうなるとこちらとしても落ち着いてはいられません。
2015シーズン初釣行!そろそろじゃあないですか。
っとそのためには、冬眠していたワタクシのモチベーションをたたき起し
一気にレッドゾーンまで引っ張ってくれるようなVが必要なんですよ・・・。
で、見つけちゃいましたイイのを^^

舞台はカナダBC州の遥か北方、ノーザンBCと言われる地域にある
Spatsizi Plateau ウィルダネス州立公園。
ここは、今なお手つかずの大自然が残るとても貴重なエリア。
なぜなら、スパトシッチにアクセスするには、ここより南方の
カナディアンハイウェイ17号線沿いのスミザーズシティから
フロートプレーンで空路200マイル(約370km)の空の旅だけ!
公園に向かう車道はまったく無く、陸路でのアクセスは実質不可能!!
まさに、リアルカナディアンウィルダネスあるいはラストフロンティア。
そんな形容が相応しい、アウトドアアクティヴィティの聖地なのです。

そのスパトシッチで、ただひとつのフィッシングロッジを営むのがコリンウッドファミリー。
今回のVは、ファミリーのFather-daughter(レイ&キャリー)に
スポットをあてたドキュメンタリーです。
2人とも熟達のフィッシングガイドであり、父のレイさんは今も現役のパイロット。
若かりし頃は、ブッシュパイロットとして活躍したみたいです。
お客さんを乗せ、自ら操縦管を握るフロートプレーンで
無数にある川や湖のポイントへ移動します。
It’ So Cool!!まさにGreat dad(偉大な父)ですね。

釣りに興味が無くとも、スパトシッチの大自然を堪能できる、素晴らしい映像なので
ぜひぜひご覧くださいませ。
因みに、バーズアイビューはレイさんの駆るフロートプレーンにカメラをセットして
撮影したものらしいです。

いやーホント世界は広いなぁ。



追:スミザーズシティは、むかしむかし、カミさんとテラス・キティマットへ
フィッシングキャンプに出掛けた際、車で通過しました(あんまり憶えてないけど)
近年は、年間を通しアウトドアアクティビティのハブタウンとして
とても人気の街となっているようです。
[PR]
トラックバックURL : http://cafevalo.exblog.jp/tb/22903809
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cafevalo | 2015-03-24 23:16 | RIVER WIND | Trackback | Comments(0)

  信州は松本市梓川    CAFEVALO     日々諸事あれこれ


by cafevalo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31