第三回 珠玉の一枚展 「火の見櫓のある風景」 U1

     立春が過ぎ、太陽の光もやわらかくなったような気がします。
     一歩一歩、春はやってきていますね。

e0159392_21571237.jpg

     「火の見櫓のある風景 辰野町 横川にて」  U1  ペン画、水彩

     VALOのミニミニ講座「火の見櫓っておもしろい」の講師であるU1氏の作品です。
     幼少の頃より、描画を好んでいたという氏。
     以前、ちょっとしたスケッチ作品を拝見した時「これはっ」と思い
     「是非とも火の見櫓のある風景を!」と焚きつけてしまいました^^

     スケッチ作品を見る時、僕はいつも
     作者がその作品を描いている光景を想います。

     そこにはきっと「満ち足りた幸せな時間」が流れている。
     ゆったりと・・・。

     色彩・匂い・音etc、あらゆる要素を心のフィルターを透過させ
     白い紙の上に描いていく心の作業。
     そこに、絵を描くことの素晴らしさがあると思うのです。
     機械にはちょっと無理かもしれませんね。

     今作品は初秋の風景ですが、四季を通して作品を拝見したいものです。
[PR]
トラックバックURL : http://cafevalo.exblog.jp/tb/22789517
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cafevalo | 2015-02-07 23:19 | 珠玉の一枚展 | Trackback | Comments(0)

  信州は松本市梓川    CAFEVALO     日々諸事あれこれ


by cafevalo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30