今冬の大雪は彼らにとっても大変でした。

     昨日は3月なのに最高気温が-1℃の真冬日を記録。
     もう何十年ぶりらしいです。
     しかも、今朝は-8℃くらいまで冷え込みました。

     ・・・。

     それでも晴天の陽射しは、力強く降りそそぎ地熱として蓄えられます。
     そして雪を溶かし、見渡す景色には様々な雪形が。

     それは春の息吹きとともに、柔らかな緑色のベールを纏った大地。
     吹く風は微かな春の匂い、鳥達も嬉しそうにさえずり、飛んで行きます。

     厳冬を乗り越えたからこそ、春の足音を聞くと
     とても嬉しい気持ちになりますね。

     今冬の大雪では、雪に覆われた時が長かったので
     鳥達はエサが無くてとても大変なようでした。
     VALOのエントランスに鉢植えのコニファーがあるのですが
     例年だと見向きもしないその実を、雪の時にヒヨドリが必死で
     啄んでいたのが思い出されます。

     そんな彼らとおしゃべりをしたくて、久しぶりに取り出してきました。
e0159392_232315100.jpg

     オーデュボンのバードコールです。

     これはアメリカの鳥類保護団体「ナショナル・オーデュボン協会」の公式品。
     協会は博物画集の傑作「アメリカの鳥類」で知られる画家であり
     鳥類研究家のジョン・ジェームズ・オーデュボン
     彼の自然保護の意思を、後年弟子が引き継ぐかたちで設立されました。

     この画集は生きた鳥を生息環境と共に原寸大でスケッチしており
     (故に1ページはポスターサイズくらいあるのですが)
     躍動感あふれる実物大鳥類細密画ともいえるものであります。
     (最近、作家の荒俣宏さんがこのうちの複数枚を所有していると知り驚きました)

     そんな背景を持つこの小さなバードコール。
     手に持ってひねると、キュッキュッと音を出します。

     ちょっと時間があるとデッキに出てはひとひねり。
     モズやヒヨドリ、最近はツグミが多いかな。

     今年の冬を共に乗り越えた盟友達と
     ひと時のおしゃべりに花を咲かせています^^

     は~るよ来い、は~やく来い。
[PR]
トラックバックURL : http://cafevalo.exblog.jp/tb/21774116
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cafevalo | 2014-03-12 00:15 | VALO'S SELECT | Trackback | Comments(0)

  信州は松本市梓川    CAFEVALO     日々諸事あれこれ


by cafevalo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31