アラジンと魔法のヒーター

          今冬、VALO店内暖房の頼もしい助っ人がやっと見つかりました。
          これでエアコン兄貴が自動霜取りでひと休みしても安心です。
e0159392_2112111.jpg

          イギリス アラジン社 遠赤外線シーズヒーター

          電気ヒーターとはいえ名門アラジン社のご出身(お生まれは2011年)
          血統は間違いありません^^
          シンプルなデザイン、コンパクトサイズがとてもVALOっぽくて
          一目惚れしてしまいました。
          遠赤ヒーターは身体を芯から温めてくれます。

          シーズとはSheath(シース=鞘)の他動詞Sheathe(鞘に入れる、覆う)
          という意味。アメリカではSheathed Heater:シーズドヒーターと
          呼ばれるらしいです。
          ニクロム線を金属製の鞘で覆ったヒーターエレメントの事。
          石英管のように割れたりすることがなく耐久性があるので、
          最近ちょくちょく目にしますね。

          アラジンと言えば80余年もの歴史があるロングセラーの石油ストーブ
          BLUE FLAME HEATER 39があまりにも有名。
          静かに燃える青い炎の稜線がとても美しいこのストーブ。
          念願かなって手に入れたのは一人暮らしを始めた'84年の冬。
          仙台にいた頃が一番活躍してた気がします。
          今は実家の倉庫で幾年月・・・。
          ずっと気にはなっていたんだけど。

          ・・・使えるよなぁ。

          次回帰省した時に連れて帰って来よっと。
[PR]
トラックバックURL : http://cafevalo.exblog.jp/tb/19371906
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cafevalo | 2012-12-17 21:56 | VALO'S SELECT | Trackback | Comments(0)

  信州は松本市梓川    CAFEVALO     日々諸事あれこれ


by cafevalo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31