Slumber my Azusagawa-river.

          竿を封印した昨シーズン、1年のブランクを経て臨んだ今期の梓川。
          初釣行も6月位と何とものんびりスタート。

          ・・・それで良いのです。

          欲望を満たす為に釣りをしていると謙虚さを忘れてしまいそうだから。

          一本の糸で繋がっている僕と魚は、いかなる時も対等であるはずです。
          今居る場所が入れかわれば、お互いに生きてはいられないのですから。

          今期、記録更新となる55cmのブラウントラウトを手にし
          ほんの少しだけ自分を超えられたような気がします。
          心穏やかに、向き合うべき事象を受け入れた結果
          梓川は僕にご褒美をくれたのだと思っています。

          9月に入り渇水がひどく、それはもう川と魚達の悲鳴が聞こえそうな程。
          最終釣行日である27日、僕は川には立たず、VALOの店内で
          そんな思いを胸に竿を納めました。
e0159392_21482895.jpg

            釣師は珈琲を淹れ、やがて川は眠りにつきます。

                      おやすみ梓川
              陽光がやわらかく降りそそぐ春の日まで・・・。
[PR]
トラックバックURL : http://cafevalo.exblog.jp/tb/18976151
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cafevalo | 2012-10-03 22:07 | RIVER WIND | Trackback | Comments(0)

  信州は松本市梓川    CAFEVALO     日々諸事あれこれ


by cafevalo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30